目立つひげをレーザー脱毛で綺麗に取り除く方法とスキンケアの重要性

レーザー脱毛は無駄毛を毛根ごと取り除くことで新たな発毛を防ぐ、永久脱毛として人気があります。近年では価値観の多様化から男性がひげを脱毛する際にレーザー脱毛を選ぶケースも増えていますが、その一方で処置後の肌トラブルに悩まされる問題もあります。

無駄毛の適切な処理と綺麗な肌を保つための正しいケアについて学びましょう。

無駄毛の新しい発毛が無いレーザー脱毛の魅力

無駄毛を人為的に取り除く脱毛は肌への刺激が強く、毛穴の炎症や出血などの不具合に見舞われるリスクがあります。また、短期間に脱毛を繰り返すと該当の部位に色素沈着や角質化などの症状が出る可能性もあるため、肌の状態には細心の注意を払うことが大切です。

頻繁に脱毛を行うのは体への負担が大きいだけではなく支出額も膨大なものになることから、少ない処理回数で効果的な無駄毛処理が出来る方法を選ぶ必要があります。レーザー脱毛は無駄毛の毛穴にレーザーを照射して毛根を焼き潰すことで脱毛処理を行う方法です。

一般的な脱毛は無駄毛を引き抜くため、毛根に毛穴が残ってしまいます。そのため、日数が経過すると再び無駄毛がはえてしまいますが、レーザー脱毛は毛根の機能を破壊するので一度処理を施した毛穴からは無駄毛が生えることはありません。

また、肌への刺激はレーザーを照射する一度きりなので肌荒れなどのトラブルに見舞われるリスクが少ないのも魅力の一つです。

男性の無駄毛処理にレーザー脱毛が適している理由

無駄毛処理は脇や股間などの他、表皮を覆う産毛が主な対象です。脱毛の目的は美肌維持なので従来は女性が無駄毛処理を行うのが普通でした。しかし近年では価値観の多様化により、男性も無駄毛処理を行うケースが増えています。

特にひげ脱毛を行う割合が多く、太く固いひげを効果的に取り除く脱毛グッズは市場でも高い人気を保っています。ひげは男性のシンボルである一方、顔の中でも目立つことから少しでも手入れを怠ると非常にだらしなく見えてしまいます。

また、多くの業種ではひげを伸ばすのを禁止しているため、毎日のひげ剃りに手間がかかってしまうのもひげ脱毛の需要が増えている理由の一つです。カミソリによるひげ剃りは肌を傷つけやすく、カミソリ負けに見舞われやすい問題があります。

ひげは鼻の真下や喉の周囲にも生えるので綺麗に剃ることが難しく、毛穴も黒ずんで目立ってしまいます。ひげを剃っても肌が汚く見えてしまうことがあるため、毛根ごとひげを除去出来るレーザー脱毛は口や喉の周囲を綺麗に保ちたい男性には必須の処理方法です。

レーザー脱毛は毛質に関係無く毛根を焼き潰すことが出来るので、太さや固さが毛根ごとに異なるひげの脱毛には最適な方法といえます。

レーザー脱毛による肌トラブルの詳細

無駄毛の毛根を焼き潰して新たな発毛を予防出来るレーザー脱毛は綺麗な仕上がりを期待出来る脱毛処理ですが、利点が多い一方で処理方法を誤ると肌を傷めてしまう危険があることを把握する必要があります。レーザーの照射で毛根を焼き潰す方法は無駄毛の太さや固さに左右されないのが利点ですが、効果的に毛根を焼き潰すためにはレーザーの出力を調整する必要があります。

その際に調整を誤ると火傷のような症状に見舞われることがあるので注意が必要です。また、出力が弱すぎると毛根が残ってしまい、レーザー処理を施したのに無駄毛が生えてしまうことがあります。同じ機器を使ったレーザー脱毛でも調整や技術力の差で仕上がりが変わるので十分に注意することが大切です。

レーザー脱毛は肌に強い刺激をもたらすので、毛根が密集している部位は複数回に分けて処理するのが普通です。短期間に同じ部位を続けて処理すると火傷が慢性化し、肌の状態が悪くなってしまうことがあるので処理回数の確認が不可欠です。

レーザーは濃い色に反応して拡散する性質があることから、日焼けしていると綺麗に処理することが出来ません。かさぶたがある部分も無駄毛が残ってしまうので、レーザー脱毛を行う際は肌の状態を良好に保つのがトラブルを避けるための重要な条件になります。

ひげの脱毛に多いトラブルと予防の方法

男性のひげは無駄毛の中でも固く、太いのが特徴です。毛根ごとに伸びる速さもまちまちなので、レーザー脱毛を施す際はこまめに出力を調整する必要があります。また、ひげが生える部位は肌が柔らかいので、毛質によっては毛穴が塞がってしまい、埋没毛の状態になるおそれがあります。

ひげが埋没すると毛穴の周囲が黒ずむ他、伸びたひげが周囲を圧迫して痛みを感じることがあります。肌が柔らかいと毛穴が塞がりやすく、レーザーが毛根を綺麗に処理出来ないので事前の入念なスキンケアが必須です。予め汚れを取り除き、蒸しタオルや脱毛用のクリームなどで毛穴を拡げておくのがレーザー脱毛の効果を向上させる工夫です。

また、ひげが伸びすぎているとレーザーが拡散してしまうので、毛穴から露出しない程度に剃っておくのも綺麗な仕上がりに繋がります。

関連記事:自宅でレーザー脱毛できるマシンでムダ毛のない美肌へ

男性のひげ脱毛に適した施設の選び方

男性が綺麗なひげ脱毛を受けるためには施設選びが重要になります。中でもレーザー脱毛によるひげ処理の場合は美容外科などの医療機関が唯一の選択肢です。レーザー脱毛は医療機器を使用するので、医師免許の所持者が常駐する医療機関でのみ受けることが出来ます。

エステサロンや美容院が行うレーザー脱毛は厳密には医療機器を使う処理では無いので、毛根を綺麗に焼き潰す効果は得られません。特に毛質がまばらなひげの脱毛では綺麗な仕上がりにすることが難しく、肌荒れなどのトラブルにも見舞われやすい問題があります。

そのため、レーザー脱毛を受ける場合は必ず医療機関の中から選ぶことを心がけます。美容外科で行うレーザー脱毛は処理後のスキンケアも併せて受けられるので、炎症などのトラブルが防げるのが魅力です。

利用者の体質に合わせた方法でスキンケアを行うので、毛穴の炎症や出血などの心配が無く、見栄えの良さを保てるのが大きな利点です。ひげ脱毛は肌のダメージを軽減するのも目的の一つなので、適切なスキンケアも併せて受けられる所で脱毛処理を行うのが良い結果を得るための重要な条件になります。

ひげ脱毛は同じ処理でも施設ごとに料金や回数が異なります。

自分の毛質や肌の状態、予算を考慮して判断するのが満足出来る仕上がりにするための心得です。

参考リンク《新宿美容外科クリニック > 新宿医療脱毛